北國文華北國文華

最新号

「北國文華」は平成10年6月に前身の「文華」(昭和20年12月から同28年まで刊行。24年4月号からは「北国文化」と改称)を復刊したものです。時代の要請に応え、時代を切り開く価値観と豊かな文化土壤を作り上げる、地方発のユニークな総合文芸誌として評価をいただいています。

北國文華 2022年冬第90号

2022年冬 第90号

定価1,760円(税込)

ピックアップ

  • 特 集 I見えてきた西田哲学 よみがえるノート

    巻頭 一命取りとめた「宝の山」

    ノートはこうして復活した/本誌編集室
    【寄稿】原鉱石から思索を掘り出す/浅見洋
    カビだらけのノートを救出せよ/本誌編集室

  • 特 集 II2023年 生誕150年企画第2弾
    人づくりの達人 安宅弥吉

    【寄稿】負担なしで進学 3分の1強が金石/増山仁
    【対談】忘れ得ぬ「ぼんさん」時代/野里智昭×銭谷庄二

  • 好評連載 小説千代女 /子母澤類 
          第十話 おなごの道

    両親を立て続けに亡くし、千代は発句を作る気持ちを失ってしまった。三国帰りの大槻伝蔵が自宅を訪ね励ます。変転を重ねても、抱き合えば、変わらないままだった。伝蔵の心を捉えて離さない千代の存在に、三国の遊女で俳人の哥川(かせん)は嫉妬を募らせていた。

定期購読
年間購読
定期購読(3年分・12回)
18,900円(税込)

定期購読を申し込む

第90号のご購入はこちら