マンガ・絵本
1930・台湾烏山頭

1930・台湾烏山頭

 台湾の台南市が2020年に烏山頭(うさんとう)ダムを中心とするかんがい施設「嘉南大しゅう(かなんたいしゅう)」の着工100年記念として出版した絵本の日本語版です。
 日本統治時代の台湾が舞台となります。金沢市出身の画家である主人公伊東哲(さとし)が、嘉南大しゅう建設に取り組む同郷の八田與一(よいち)技師から依頼され、施設の絵画制作に挑むストーリーです。伊東は水の精霊である女神の助けを得ながら苦心の末、作品を完成させます。
 台湾の作家で絵本の原作者謝金魚さんの金沢探訪記「伊東哲を探して」や伊東哲が描いた染色画《蝋描(ろうがき)壁(かべ)掛(かけ)嘉南大しゅう工事模様》の図解などを収録しました。日本語版刊行にあたって、北國・富山新聞で「人生、妙なり」を連載している作家一青妙さんの推薦文も掲載しています。
  • 謝金魚 著、鮴勲、林容萱 絵、台南市政府文化局 編訳
  • A4判変形、136ページ 定価1,500円(税込)
  • ISBN978-4-8330-2249-1

冊 
買い物カゴを見る