• ホーム
  • 「百姓ノ持タル国」の百年
加賀百万石・郷土史 文化・民俗
「百姓ノ持タル国」の百年

「百姓ノ持タル国」の百年

 15世紀の終わり、浄土真宗の教えを背景に加賀国に出現した「百姓の国」の実態はどのようなものだったのか。架空の新聞記者・百生大悟と、百姓たちのリーダー権兵衛が時間を旅する物語を通して、その謎に迫ります。
 1世紀にわたる「百姓の国」の興亡や人々の営みを描き、登場人物のイラストも所々に添えています。巻頭のカラー口絵では、1546(天文15)年に完成した「金沢御堂(尾山御坊)」の想像復元図などを収録。作家の五木寛之さん、北方謙三さん、落語家の春風亭昇太さんの特別インタビューも盛り込みました。好評を得た北國新聞の連載を単行本化。
  • 北國新聞社編集局
  • A5判 420ページ 定価2,200円(税込)
  • 978-4-8330-2303-0

冊 
買い物カゴを見る