宗教・思想
記憶への旅 はるか

記憶への旅 はるか

 1990年代に金沢市の曹洞宗慈眼庵(じげんあん)住職を務め、本紙で人生相談欄も担当していた尼僧の門脇俊明(しゅんみょう)さんがつづる、仏道を歩む感慨などをつづったエッセー集。
 門脇さんは金沢を離れた後、故郷秋田の寺の住職を12年間務めた。本には檀信徒との触れ合いの中で苦悩しながらも仏の道を歩み続ける思いや、教師を辞め出家した自らの人生、東日本大震災の犠牲者への鎮魂の思いなどを感性豊かに記している。
  • 門脇俊明 著
  • 四六判、146ページ 定価1,320円(税込)
  • ISBN978-4-8330-1962-0

冊 
買い物カゴを見る