• ホーム
  • よみがえる金沢城1―450年の歴史をあゆむ―
「金沢検定」参考図書 加賀百万石・郷土史
よみがえる金沢城1―450年の歴史をあゆむ―

よみがえる金沢城1―450年の歴史をあゆむ―

 金沢城の歴史を分かりやすく紹介する本書を増刷。全国的な城ブームに加え、河北門や橋爪門など着々と進む金沢城の復元整備事業が城への関心を一層高め、解説書の人気にもつながっているとみられる。
 本書は金沢御堂の時代から現在までの移り変わりを、県教委金沢城調査研究所(刊行当時は同研究調査室)が編集し、初版は2006(平成18)年に出版された。イラストや古絵図、古い写真などを多用したビジュアル・ブックとして好評を得ている。
 巻頭には藩政期前期と後期の城全体を俯瞰(ふかん)できる「パノラマ図解」がイラストで掲載されており、県が北陸新幹線対策の目玉として復元整備する玉泉院丸の位置や形など当時の様子もよく分かり、往時の金沢城のイメージが膨らむようになっている。
  • 金沢城研究調査室 編
  • A4判、160ページ 定価2,200円(税込)
  • ISBN978-4-8330-1908-8

冊 
買い物カゴを見る