北國新聞社発行の各種書籍をインターネットでお求めになれます。代引宅配もできます。
本 アクタス・北國文華
北國新聞社の本

文学
沈下橋
沈下橋
 金沢市卯辰町の作家である著者による、自費出版11作目となる小説です。金沢と四国を舞台とし、理想と現実のギャップに苦しむ56歳の高校教諭を描いた作品となっています。
 題名の「沈下橋」は、かつて訪れた高知県の四万十川に架かる橋から名付けました。自然あふれる情景が今も目に焼き付いているといい、本書にも登場します。日本文藝家協会所属の著者は「これからもできる限り、金沢と関係のある小説を書き続けたい」と話しています。
五本松 昌平 著
四六判、256ページ 定価1,080円(税込)
ISBN978-4-8330-2139-5 C0093

冊 
買い物カゴを見る
  • 北國新聞社本のページトップへ戻る

  • 自費出版相談室
    「石川県総合人事録」原稿用紙ダウンロード』はこちら
    個人情報について