北國新聞社発行の各種書籍をインターネットでお求めになれます。代引宅配もできます。
本 アクタス・北國文華
北國新聞社の本

加賀百万石・郷土史
那谷寺の歴史と白山・泰澄
那谷寺の歴史と白山・泰澄
 泰澄による開山と開創が1300年と重なる霊峰白山と那谷寺の本質を探る好個の本です。那谷寺16世住職木崎馨山氏と郷土史研究家の室山孝氏が永年、温めてきた石山の古刹と白山信仰に関する持論、研究をまとめました。
 木崎氏の視点でユニークなのは那谷寺と白山信仰のルーツを探り、日本海側の出雲から越後・姫川まで研究ステージを拡げたばかりか、海を越えて中国・長江、朝鮮半島の白頭山にまで信仰の淵源を求めた点です。「共通する出土品玉の信仰は長江から、白の信仰は朝鮮半島からきた」との説を大胆に展開し、検証しています。このほか、那谷寺の宝物、那谷寺と文学も見応え、読み応え十分です。
木崎馨山、室山孝
B5判、240ページ 定価2,160円(税込)
ISBN 978-4-8330-2091-6

冊 
買い物カゴを見る
  • 北國新聞社本のページトップへ戻る

  • 自費出版相談室
    「石川県総合人事録」原稿用紙ダウンロード』はこちら
    個人情報について